先日は我が家の愛犬Fの葬儀をありがとうございました。
もう1年以上寝たきりの状態で、ここ数週間は日に日に衰えて行くのがわかりました。
近いうちにこの日がくるのは誰の目にも明らかで、かかりつけの先生にも
好きなものを食べさせてあげて下さい。と言われていましたが、
なくなる前数日間は食べ物はうけつけず、水も脱脂綿にしたして、
ようやく飲んでいました。覚悟はしていてもいざ亡くなると
とても信じる事ができません。友人に紹介してもらった電話番号に電話すると
落ち着いた優しい声での男性が対応して下さいました。
翌日は空きがないという事で、処置の仕方を教えて頂き、二日後の朝に
火葬する事になりました。Fがまるで眠っているかのような穏やかな顔で
花に囲まれた二日間、翌日すぐに火葬しなくて良かったとつくづく思いました。
もう二度とFを抱くことも写真に撮ることすらできなくなるのかと思うと
この二日間がとても貴重なものに思われました。
当日人間のご葬儀のように、きちんとした服装でいらしたスタッフの方が
家族の思いを汲んでくださり、丁寧に真心込めてFに接してくださるのが
伝わりました。本当にありがとうございました。
幸い自宅の駐車場で火葬することができましたので、
本当に家族で見送ったという気持ちになれました。

たまたま長女が帰国している時だったので、最後のお別れができたのも
心残りが少ない理由です。

人間は病院で寂しく死んで行き、必ずしも納得の行く見送り方ができる
とは限りません。Fの場合は最高の見送りができたと思います。
私もこんな風に旅立てたら幸せなのではないかとすら思いました。

お葬式の際には前日の雨模様とはうって変った、さわやかな五月の一日でした。
そしてその夕方、空一面が美しいバラ色に染まり
なんだかFが幸せに空へと旅立ったように思えて、私たちも
癒される思いでした。長々と書かせて頂きましたが、
きっとどの飼い主さんも同じだと思います。どうぞご容赦下さい。

最後にもう一度お礼申し上げます。
こちらにお願いして、本当に良かったと思います。


神奈川県横浜市青葉区在住 K.Y様より